為替への介入というのを聞いた事がありますか?日本銀行が外国為替平衡操作(為替介入)をして新聞記事、雑誌、ネットなどの情報でチラリと見た人もたくさんいるでしょう。

元より為替介入というのは我が国の場合、◯財務大臣が為替相場の安定化を保つように実行する手はずと評価されています。

簡単に言うと、極度の円高もしくは円安の際に財務大臣の指図によって中央銀行(日本銀行)円を売買することで相場の安定化を狙うといったものです。

外国為替平衡操作(為替介入)には種類があるのです。

1.単独介入・・・政府機関もしくは中央銀行(日本銀行)が、東京での市場で直接市場に参加して介入をする。

2.協調介入・・・多くの通貨当局が協議したうえで各々の銀行などがお金を利用して同時期にまたは断続的に為替の介入を実施する。

3.委託介入・・・国外の通貨当局へ向けて為替介入(外国為替市場介入)を依頼する。

4.逆委託介入・・・日銀が他の国の通貨当局に代わり外国為替平衡操作(為替介入)を実施する。

この通りやり方があります。

どのやり方の為替介入(外国為替平衡操作)も一時、または連続して為替の市場に多くの影響力を与えます。

為替介入(外国為替平衡操作)のお金は当たり前のことですが国家の誇りをかけて行なうだけに段違いなのです。

円ベースでみると、いつもは数銭単位で変化するレートが不意にかなり動きをします。

個人の投資家の人でしたら今までに経験があると考えますが、今まで利益(もしくは含み損)が多くなっている持ち高を保持していたにもかかわらず、持続しているポジションが決済となりましたという連絡がFXの業者の発信でメールが届き。

どれほど黒字になったのか(損したのかな)?と考えつつ決済された通達を確認したところ自分の中で思っていたのとは逆の事態で驚いたといったパターンがよくありました。

為替の介入が実施された際によく聞く話なのです。

この例のように介入が施行されることで為替の市場の動向と反対の変動をすることがわかりました。

さらに変動する金額の範囲はものすごく大きく大きく変化するため気をつける必要があります。

Copyright © 2002 www.qualitygoodsinc.com All Rights Reserved.