どこにでもある経験の浅い方向けのFXの本では「損失を被った時にはナンピンしてポジションの平均をコストを下げる」などと説明されていたりしますが現実にはそれには相当大きな罠があると思います。犬 甘噛み しつけ

とりあえず、ナンピン買いの仕組みに関して易しく記述します。ジェイエステでの脱毛なら黒ずみも改善

一例として1ドル=100円でドルを買ったとします。巻き爪の治療ができる佐賀のクリニック

$買いですので、円安ドル高に動くほど利益が出るわけですが1ドル=95円まで円高・ドル安が進んでしまったとします。髭濃い 肌弱い

このまま持ち続けたとしたらプラスになるためには損した分、円安ドル高に向わなければなりません。顔のたるみをとる方法

投資家であれば、損失は早めに戻したいと考えます。私の興味分野

そのためはじめに買ったのと同じだけのドルを、1ドル95円で買い増します。かに本舗 評判

そうしたら、ポジションの平均の価格は97円50銭まで下げることができます言い換えると、2円50銭の幅でドル高が進むと、赤字を失くせます。セクハラ自動車学校

これが、ナンピン買いの理論です。はははのはを最安値で購入するならコチラ

このような、ナンピン買いのロジックを理解すると「納得だ」という風に思うがマーケットはそう易々と問屋を卸しません。個人年金保険を学んで老後生活を 楽しく過ごす方法!

そもそも、1ドル95円が下限だとということなど、誰も分かりません。

為替相場が相当の円高の流れであるならば1ドル95円ではとまらずさらにドル安が進むリスクが高くなります。

仮に、1ドル97.50円でナンピン買いをするとしても1ドル=95円まで円高ドル安に向ったらナンピンを入れたポジションも、損失が生まれます。

これでは、最初に取引したドルと同時に、より大きな損失を被ります。

それゆえ、ナンピン買いは一筋縄でいきません。

それでは、市場がストーリー展開とは逆向きに進んでしまった場合どういった対策で危機を回避すればいいのでしょうか。

この場面では選べる手段は多くはありません。

最初のひとつはあきらめて、損失を確定する事です。

もうひとつの選択肢としては、現在、あなたが持っているポジションを縮小することで、為替相場がリカバリするのを何もしないで待機する事だけです。

ちょっと後ろ向きな手法だとみる方もいるkもしれません。

だけど、自分が所有しているポジションに損が生まれた時、妥当な手段はこれ以外にはありません。

勿論、ロジックのうえではナンピンという対策もありえます。

しかしナンピン買いは、損失を出している状態にもかかわらず、買いポジションを減らすどころか、遂にポジションを重ねていく方法である。

この考え方では、危機をコントロールすることなどどうやっても不可能だと思ったほうかいいだろう。

ナンピンをし続けられればやがては利益を上げられるかもしれません。

だがしかし、そうなる前にお金は無くなってしまいます。

Copyright © 2002 www.qualitygoodsinc.com All Rights Reserved.