最近どの自動車保険を取り扱う会社も値段引き上げに転じています。料金を値上げしてしまう事態は私たち自身の生計に大きくインパクトを与えてしまいます。では、どうして運転者を守る自動車保険が料金値上げをされるという事態になっているのでしょうか?そのことの主要な原因としてよく言われる事には大きく2つ考えられます。第一に高齢者の自動車ドライバーが年々増加していることが挙げられます。マイカーを保持しているのがごく当たり前の世界になったことから、高齢者の乗用車所持者も増えています。さらに、我が国では高齢化社会を迎えつつあるという趨勢があり、これ以降さらにお歳を召した運転手が割合的に増えていくようです。老齢のにおいては一般的に言って保険の料金が低額に決められているので、自動車損害保険会社にとってはあまりメリットがないのです。どうしてかと言うと保険の料金が安価なのにトラブルを起こされた場合コストに見合わない補償費用を支払わないとならないためです。こういった場合損を取る可能性が格段に上がるので、自動車保険会社からしてみれば掛け金を値上げするしかないのです。さて、2つ目の原因として考えられる事は比較的若い年代のクルマに対する淡白な態度にあると言わざるを得ません。老年期の乗用車所持者は増加しているのですがそれとは反対に若い世代は乗用車に憧れを抱かなくなってきました。こういった事態のウラにあるのは、電車・地下鉄・バスなどの交通に関するインフラの発達と経済的なものです。収入に不安のない職業に身を落ち着けることが困難な若年者が数多くいるのでマイカーを購入することができない方も相当数いると考えられます。しかも、経済的に余裕があった一時代前であれば自家用車を乗り回す事が社会的地位の証明というのが当たり前でしたが、昨今ではそれがステータスとは断言できなくなってきたのが現状です。こういった理由で、掛け金が高齢よりもコスト的に割高な若年層の契約数が年々少なくなっているのだと思われます。このような事情が考慮された結果、自動車損害保険会社も値段引き上げに踏み切らざるを得ないのだと推察できます。

Copyright © 2002 www.qualitygoodsinc.com All Rights Reserved.