PCのディスプレイの前で、いつも変化している為替相場を目を向けていると何となく売買をしなければいけないという抑えようのない気持ちに影響される状況も多かったりします。だけど、ぼんやりした感覚で取引することは決してしてはいけません。ご存知の通り、市場は終日常にいずれかの外国為替市場が関いているしレートもどういう時でも、変動している。そうであっても、売り買いを積み重ねると、その分損失が生じる確率が上がってしまいます。当然の事ながら、エントリーの数を増やすことによってトータルで勝利する確率か50%、50%になるのは事実です。しかしこれは「ぼんやりとしたアイデアで売り買い」とは別の話です。注文回数を積み重ねるとはあなたが「ここはいける」と直感した勝機を得られた場合の取引回数を重ねるという意味です。何となく、絶え間なく売り買いを積むのとは全く異なります。外国為替相場の駆け引きに勝利するためには深く考えてけじめをつけることこそが大事です。「ここがチャンス」と感じた外国為替市場の時には覚悟を決めて保持ポジションを増やして意識して儲けを狙います。「何となく悩ましい市場で、どう推移するのか理解できないな」と思ったならば、観念して売買ポジションをひとつ残さず閉じて静観します。それくらいの緩急をつけた方が結果的に売買はうまくいきます。相場の格言には「休むも相場」というものがあります。本当に言葉どおりだと感じます。相場とは、いつもポジションを保有する事が大事ではなくポジションを持たずにじっとしていることも場面によっては相場なのである。それならば、どういった時に休む必要があるのでしょうか。第1に考えられるのが、前に述べたように、今のマーケットが分からない時です。ドル高になるのか、ドル安になるのかがわからないような時は、間違って判断すると、自分自身で思ったストーリーとは逆にマーケットが変動してしまい、損失を被ることになる。そのため、そのようなケースではポジションを閉じ、何もしないで静観しているのが最良の方法です。2番目に、自分自身のコンディションが悪いときです。体の具合と相場に関係しないと感じる投資家もいると思いますが思ったよりつながりがあります。体の調子が思わしくなければ、外国為替市場の大切な局面で、正確な決断ができません。やる気がわかない時はマーケットから離れてみるのも大事な事です。

Copyright © 2002 www.qualitygoodsinc.com All Rights Reserved.