前置きとして、破産を申し立てるまでの間では当事者への電話によった返済請求と、債務者人の家宅への訪問による集金は違法ではないと考えられています。さらに、破産に関する手続きに入ったあと請求までに時間が費やされてしまったケースでは債権人は強行な徴集をやってくる危険が増えます。債権人サイドにとっては残金の支払いもすることなく、さらに自己破産といった対応もしないといった状況だとグループ内で終了処理を実行することが不可能になるからです。債権保持人の過激なタイプは有資格者に結びついていないとわかると厳しい返済要求行為をしてくる企業もいるようです。司法書士事務所や弁護士団体にアドバイスを求めた場合は、個別の債権保有者は借金した人に関する取り立てをやることが不可能となります。要望を受諾した司法書士の方または弁護士の担当者は担うと書かれた通知を各取り立て会社に送り、各取り立て業者がその文書を見たときから依頼者は取り立て業者による徴集から放たれるという流れになります。業者が会社や親の自宅へ訪れる取り立てはルールで禁止されています。登録が確認できる企業ならば勤め先や親の自宅へ行っての収金は貸金に関する法律に抵触するのを把握しているので違法であると言えば違法な返済要求をし続けることはないと考えられます。自己破産に関する申請後は、申請人に対しての集金を含んで全種類の徴集行為は認められなくなります。よって取り立て会社からの返済請求行為が消えることとなります。けれども、中には違法と分かっていて訪問してくる債権者もゼロとは思えません。事業として登録している企業ならば自己破産に関する申し立て後の収金が法律のガイドラインに抵触しているのを分かっているので、その旨を伝えてしまえば、そういう集金を継続することはないでしょう。ただ違法金融という俗称の登録外の企業についてはこの限りではなく、危険な収金が原因の被害事例が増え続けているのが今現在の状況です。債権者の中に存在している際はどういう事情があれ弁護士の人か司法書士法人などの専門屋に頼むといいと思います。

Copyright © 2002 www.qualitygoodsinc.com All Rights Reserved.