キャッシングに関しての返済内容というものは、クレジットカード会社の方針によって随分へだたりというものがあり多様なやりようが選択されております。基本的なところでは残高スライド法やリボ方式などが選ばれているようです。そして斯うした誰でも知ってるリボ払ですが、実を言えば算出方式におおくの様式というものがあったりします。したがってさのごとき様式によっては返済総額が変わってきてしまうので、理解することで損することはないはずです。じゃあ易しく2つの手法の違いについてを解説します。はじめは元金均等払いというもので、次は元利均等払いというものです。両者はその名のとおり元金についてを均分に払っていくというのと元金と金利に関してを一緒にして均等に払っていく方式です。このケースでは10万円借り入れたと設定して、どういう勘定をしていくのか試してみましょう。金利に関しては双方とも15%と仮定して試算します。それとリボルディングの金額を1万円というように考えます。先ずは元金均等払いからいきましょう。このようなケースの初回の支払いに関しては1万円に対して利子分1250円を加算した引き落としになります。次回の返済については1万円に利率分の1125円を合計した引き落とし金額になります。こういうふうにして10回分にて支払いを終わらせるという形式になります。他方で元利均等払いというのは初回の引き落しに関しては1万円でそこから元本に8750円、利率に1250円というように割り振るのです。2回目の引き落しについては元本が8750円に減少した状態にて利息を計算しその1万円から更にまた割り振りをします。換言すれば、元利均等払いの事例は10回で引き落しが終了しないという算出になったりします。こればかりの差異で二方がどれほど相異なっているのかがたっぷり分かって頂けたと思います。元利均等というものは元金均等と比べて明らかにもと金が縮小するのが遅くなっているという難点というのが存在したりします。つまり利子を余分に払うという状態になったりするのです。他方、1度目の支払いが小さな額で済んだと言うメリットというものもあったりします。このような支払い手法などの差異により、支払総額というものが相異なってきますから自分の計画に合致した計画をするようにしていきましょう。

Copyright © 2002 www.qualitygoodsinc.com All Rights Reserved.